英国ホスピスコラム


イギリスの病院でマクミラン緩和ケア専門看護師
(Macmillan Palliative Care Clinical Nurse Specialist)として働くナースのブログ

イギリス永住権

Indefinite Leave to Remain 取得

昨日、ついにイギリスの永住権とも言われるIndefinite leave to remain(無期限滞在許可)を取得しました!

今は嬉しさと開放感でいっぱいです!笑顔






長文になりますが、問い合わせもいくつかあったので、Indefinite leave to remainの申請までの流れを記事にしましたので、興味のある方はどうぞ。

(申請の基準や流れはしょっちゅう変わるので、将来申請予定の方は必ずHome officeのWebsiteをマメにチェックして最新情報を得てくださいね)

Work Permit(労働許可証)で5年以上働くと、イギリスの永住権とも言われるIndefinite leave to remain(無期限滞在許可)の申請資格が得られる。
(申請はWork Permitで5年になる日の28日前から可能)

移民に対する基準は年々厳しくなっており、去年からはIndefinite leave to remainの申請者に対してもイギリスに関する知識テスト、Life in the UK Testにパスするか、ESOLのコースを修了しなくてはいけなくなった。

Life in the UK Testについての記事はこちら

そしてホームオフィスから申請用紙SET(O)をダウンロード。

SET(O)は13ページにわたる申請書。ガイダンスを見ながら、過去に申請した人の話も聞きながら記入。
ところが、申請日のすこし前に何気なくHome officeのWebsiteをチェックしたらSET(O)の申請用紙が2008年の2月末から新しくなっていた。
あわてて新しい申請用紙をダウンロード。中身自体はあまりかわっていなかったので書き写すだけですんだけど・・・。

Work Permit保有者でこれからIndefinite leave to remainを申請する人、SET(O) Version 02/2008 を使うことをお忘れなく!

申請は郵送でもできるのだが、パスポートをなくされたくないし(Home officeも郵便も信用できない)、月末に旅行にも行く予定。なによりも、一日でも早くIndefinite leave to remainを手にしたいという思いもあったので直接出向いて申請することにした。
直接Home officeに出向いての申請(プレミアムサービス)は950ポンド。(日本円にして約19万円!)
ちなみに郵送では750ポンド。

プレミアムサービスのためにHome officeに電話して予約を取らなくてはいけない。
Home officeに電話すると機械のアナウンスで
「現在プレミアムサービス(直接申請)は予約がいっぱいなので郵送で申請してください」と流れていた。
とりあえず、オペレーターと話してみようと、オペレーターにつながるまで待つこと数分。
プレミアムサービスのために予約を取りたいというと、何のビザを申請予定かをチェックされ、
「空いている日はXXになるけど?」とすんなり言われた日はなんと次の週。
「いや、それでは早すぎるんですけど・・・」というと希望日を聞かれたので、3月10日にお願いした。時間も選ぶことができた。
予約番号をもらい、予約時間の30分前までに到着するように言われた。


申請当日までに申請用紙(SET(O))に記入漏れはないか、彼氏にもチェックしてもらった。
ほかにいる書類は、顔写真2枚。財力証明のため銀行のステートメントと給料明細3ヶ月分。現在の雇用主からのリファレンス(今後も雇用する意思があることを証明する内容であること)、Life in the UK Testの合格証、パスポート。
そして私は職場を変えているので現在のWork Permitが2つめになるので、以前のWork Permitが載っている古いパスポート、そして2つのWork Permitのレターを持っていった。


Home officeに出向く前日は緊張と不安であまりよく眠れなかった・・・。
そして、当日。イギリスはここ何年ぶりというとんでもない強風が吹き荒れた。もちろん電車はすべて遅れた。
かなり余裕を持って出たはずなのにHome officeに到着したのは予約時間の直前だった。

空港でうけるようなセキュリティチェックを受けて、受付前で並ばされた。
受付で申請用紙と必要書類をチェックされた。
申請用紙に不在期間(Absences from the UK)という項目があったが、どのくらいを不在期間とするのか不明だったので、事前にHome officeに電話して聞いたら
「3ヶ月未満の不在だったら記入の必要はない」といわれたので、用紙には記入しなかった。
でも心配だったので別の紙にイギリス国外に出た詳細をすべて記入して持っていた。
やはりとも言うべきか、受付の人に
「パスポートにいくつも国外から帰ってきたというスタンプがあるのに不在期間が無いのはおかしい。すべての不在期間を記入しなくてはいけない」といわれた。
「電話で問い合わせをしたときに3ヶ月未満だったら記入しなくても良いといわれた。もしも電話したときにすべて記入するように言われていたら記入してましたよ。でも、念のため記入したものを持っていますのでどうぞ。」と別紙をみせたらOKだった。

その後、申請費支払いへ。950ポンド、デビットカードでお支払い。
先月は車の保険、整備やMOTもあったので貧乏に拍車がかかる・・・。

そしてConsiderationといわれる、カウンターに一人ずつ呼び出され、申請を吟味される。
15分ほど待たされて、呼ばれたカウンターのオフィサーはなんだかむっつりしている。

申請書類をガラス越しにすべて渡すと、パスポートを見て、申請用紙をぺらぺらとめくって
「君は今が正しい申請時期だと思っているのか?」といわれた。
私は訳がわからず、「どういう意味ですか?」と聞いたら
「君のWork Permitは2003年の10月からだ。まだ5年たっていないじゃないか」といわれた。

「古いパスポートとHome officeからのWork Permitのレターを見たください。今のWork Permitは2つめなのです。1つ目は2003年の3月に発行されてます。だから、申請時期は間違っていないはずです」というと古いパスポートやら、レターを見て
「なんで君はWork Permitを2つも持っている!どうしてだ!」といってきた・・・。
「それは仕事を変えたからです」といってもなんか聞く耳なし・・・。
こっちのWork PermitはXXまでで、こっちはXXまで有効なんておかしい。と騒ぎ出した。
「働き先を変えたらWork Permitも取り直さなければいけませんよね?職場を変えたので、だから、2つあるんですよ。」といっても聞いちゃあいない。
(なんでHome officeのオフィサーに向かってWork Permitのことを説明しないといけないのか、とあほらしくなってしまった。
そして、この審査官は奥にいるほかの人に書類をもって聞きに行き、ほかの人からなにやら説明を受けて戻ってきた。

この審査官、とってもスローだった・・・。提出書類をコピーしに行き、もどってきて、机の上にばらばらに乗せて。なにやら足りなかったようで、またコピーに行き。戻ってきてごぞごぞした後、コピーを2つもとっていたことに気づき、余分なコピーを破棄して・・・。
コンピューターもキーボードとモニターを交互に見つつ、指一本でゆっくりタイプしている・・・。

そんな彼の動きを眺めつつ、ガラスに張られていた注意書きに目を向けた
はっきり覚えていないけれど、「暴言は受け付けません。審査官は申請者を尊重して対応するので、申請者も審査官を尊重して対応するように。」みたいな内容のことが書かれていた。

そのとおりだけど、審査官のほうが私の言うことを尊重してくれていないきがするよ・・・と心の中でつぶやいた。

この審査官、自分の勘違いには何も触れず、
「申請を受理します。今から昼休みに入るから、2時間後にパスポートをかえします」とボソッと言われた。
とりあえず、ありがとうといってカウンターを離れた。
このConsideration、約50分かかった。

実際、2時間どころか、3時間半も待たされた。
待たされている間、気が気でなかった。
あのぼんやりとした審査官、本当に大丈夫か?!と不安で仕方なかった。

やっと私の番号が呼ばれてパスポートが返された。

パスポートにはRESIDENCE PERMITが張られていて、有効期限はindefinite(無期限)

やっと、このイギリスで、自由に生活できるようになった。
仕事を変えるのも自由。
どんな仕事に就くのも自由。
必要ならば公的な援助も受けられるようになる。

いろいろなしがらみが外れた気分で開放感でいっぱいだった。
嬉しくてすぐに彼氏や友達に携帯のメールで報告した。

「I have got a permanent residence visa.
I don't need to say good-bye to you! :-)」



32130676.gif



Life in the UK Test

Work Permit(労働許可証)でイギリスで働き始めてまもなく5年。
ようやくIndefinite leave to remain(Settlement)、通称永住権が申請できるようになる。

イギリスのビザ取得に関しては、年々申請基準が厳しくなり、申請費が高くなっている。
このLife in the UK Testも以前はBritish Citizenshipの申請にのみ必要とされていたのに、現在はIndefinite leave to remain(Settlement)の申請にも必要になっている。

Life in the UK Testは簡単に言うとイギリスに関する知識テスト。
イギリスの政治、社会、医療、教育、生活に関するいろいろなことを質問される。
テストをパスするにはHome Officeの出版しているLife in the UK: A Journey to Citizenship 2007という本を熟読しなくてはならない。



テストは全部で24問、コンピューターをつかい、2~4択の質問になっている。45分以内に回答し、75%以上正解しなくてはならない。


私はLife in the UK Test - Study Guide: The Essential Study Guide for the Life in the UK Test (Study Guide) という本を買って勉強した。
この本には試験練習のプラクティステストが10載っていたし、Home officeの本よりもちょっぴり安かったから・・・。





本を買ったのは12月の中旬。
ちょっとずつ勉強していこうと思っていたけど、政治関連のページを読み進めるうちに、難しい紛らわしい内容ばかりでうんざりしてしまって、なかなか勉強は進まなかった。

これではいかんと、テストの日を予約することにした。
日にちが決まってしまえば、嫌でも勉強するだろうと思って・・・。

Life in the UK Websiteで自分の家から近いテスト会場を探す。
近くの街の図書館で行われているので、電話した。

電話ではとても丁寧にテスト、Life in the UKのWebsite、当日の持ち物について教えてくれた。
その会場では1週間ほど先まで予約は埋まっていた。
当日いるものは、パスポートや自動車運転免許証などの写真がついたID、現住所が乗っている電気やガスのビルなど、そして現金で34ポンド。

私は約2週間先に予約を入れた。

テキストブックを読みながら、だんだんイライラしてきた。
私はイギリスに住み始めて約7年半。ある程度のことは知っているが、試験問題をやってみたら、24問中17問正解。これでは合格できない・・・。

職場のイギリス人スタッフだって答えられないような質問が沢山載っているのに、なんで私がお金払ってまでテスト受けて受からないといけないの!
とくに政治に関する知識なんて、いったいどのくらいのイギリス人がきちんと答えられるか・・・。


とにかく、このテストをパスしなければ永住権が申請できないので、テストの2日前からようやく本腰を入れて(?)勉強を開始した。
とにかく政治に関するページは念入りに読んだ。

そしてテスト当日。
会場でIDチェックとお金の支払い。
係りの人がコンピューターに名前や国籍などの情報をコンピューターに入力してくれた。

テストに関する説明を受け、練習問題を各自おこなった。
この練習問題は4問くらいで、何問正解したかおしえてくれた。

いよいよ本番のテスト開始。制限時間45分。
24問、じっくりと読みながら答えていった。1回見直しをしても15分ほどでおわった。
ほかの人は10分くらいで終わらせて退席していた。

受験者全員がおわり、ロビーで待たされること10~15分。
名前を呼ばれて、試験管のところへいくとなんだか神妙な顔。
(落ちたか・・・?)と思ったら、試験管がにっこり笑って
「Congratulations!」といって合格証を渡してくれた。

とってもフレンドリーな試験官で
「何か質問ある?」と聞かれたので
「あなたはこのLife in the UK Testをやったことがありますか?」と聞いてみた。
「やったけど、結構難しかったわ。私の家族にも質問してみたけど答えられなかったし。」といっていた。

「私も職場の人たちに質問してみたけど、答えられなかった質問たくさんありましたよ!」といったら
「そうなのよ、これであなたもイギリス人よりもイギリスに関する知識があることが証明されたわね!」と笑ってくれた。

とにかく受かってよかった音符



*Life in the UK Testはいつ受けるべきなのか、試験官にきいてみたら、British CitizenshipまたはIndefinite leave to remain(Settlement)の申請の何ヶ月前からという決まりは特にないそう。でも、テストの予約に場所によっては1週間以上待たなくてはいけないこともあるし、テストの結果がHome officeのコンピューターに登録されるまで10日ほどかかるからぎりぎりにならないようにしたほうがいいとのことです。




915de238.gif



Indefinite leave to remain

緩和ケアにはまったく関係のないお話ですが・・・。

イギリスで日本人が働くにはこの労働許可書(Work Permit)が必要。
看護師は不足しているためWork Permitの発行を拒否されることは稀だけど、最近のNHSの求人を見るとWork Permitが必要な人はあまり歓迎されていない印象を受ける。

イギリスの通称永住権と呼ばれるビザ、Indefinite leave to remain(無期限滞在許可)はこのWork Permit保有4年後から申請することができる。
今年の4月3日までは・・・。

去年あたりからうわさでは聞いていたが、4月3日以降、このIndefinite leave to remainの申請はWork Permit保有5年後からに変更になる。
詳しくはこちらHome officeのWeb siteを参考に

私はアダプテーショントレーニングをスチューデントビザでやっていたので、Work Permitをとってもらえたのは看護師として働き出してから。
来年このIndefinite leave to remainが申請可能だったのだ・・・。
カレンダーをみてはあと何年何ヶ月、と心待ちにしていたのに!
しかしこの法改正のおかげで2008年まで待つことになってしまった。
かなりショック。

Indefinite leave to remainがあれば転職の際、ビザの問題で頭を悩ますこともない
Agency NurseやBankとしてほかの病院で働くことだってできる
看護師以外の職につくことだってできる
ベネフィットだってもらえる

Work Permitでは記載されている雇い主以外では働くことはできない
つまり私はこのホスピス以外で働くことが現在はできない
税金は納めているものの、Work Permitではベネフィットは一切もらうことができない
そして何より、Work Permitでは働いていなければイギリスに滞在は許可されない

年々、ビザの申請料金も上がっていくし、申請基準も厳しくなっていく
ビザのこととなると頭が痛い
やはり私はこの国では外国人なのだと実感せざるを得ない・・・。
livedoor プロフィール
Hi へのメール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ