大切な方を亡くされたご遺族には心からお悔やみを申し上げます。

昨日8月20日、福島県立大野病院産婦人科医逮捕事件の福島地方裁判所で無罪判決がでた。

インターネットの速報で無罪判決を知ったときは、ほっとして涙がでた。
無罪判決は当然の結果であったと思う。

この裁判に関してはわたしの情報源は、各種新聞のネット版のニュースや医師が書いているブログを中心に、すべてインターネットからだった。

私は産婦人科は専門ではない。
でも、患者さんのために力を尽くされた医師が、患者さんが死亡したからと逮捕され、刑事裁判にかけられたという状況はゆるせなかった。

逮捕された加藤医師にとっては本当に苦しい日々だったと思う。
この裁判を受けて医療のさまざまな問題が浮き彫りになってきたのも明らか。
ここから学ぶべきものは沢山ある。
この裁判はムダではなかったはず・・・。

そして、必要なのはこの裁判の控訴ではなく、この裁判で浮き彫りになった問題を改善するために努力していくことだと思う。


周産期医療の崩壊をくい止める会のホームページで控訴取りやめの要望の署名を募集しています。

(以下 周産期医療の崩壊をくい止める会のホームページより抜粋させていただきました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


控訴取りやめ要望署名募集(2008/8/20)
 検察庁が本件判決に控訴しないことを要請するために、本会は署名活動を再開します。署名は総理大臣、官房長官、法務大臣、検察庁長官、国家公安委員会、厚生労働省など関係各位に提出予定です。この1週間が勝負です。ご協力お願い申し上げます。

 別ホームページの署名投稿フォーム(別ウィンドウで開きます)で署名を募集中です。

署名投稿フォーム(別ウィンドウで開きます)

http://spreadsheets.google.com/viewform?key=pVSu1jKcdiL1dT7HDioKlfA

 ご賛同頂ける方でメールを送信される場合、医療関係者の方は、お名前、御所属、専門分野をmailto:perinate-admin@umin.ac.jp までご連絡下さい。医療関係者以外の方は、その旨ご記載の上、ご氏名のみをご連絡賜れれば幸いです。 

 署名受付は郵送でも受け付け予定、署名書式を準備中です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様のご協力をよろしくお願いします






08c10605.gif