殺人事件といっても本当の事件では無いのでご心配なく。

私の働いているホスピスは昔貴族の館だったところを改装したもので、歴史あるステキな建物。
そのため、ときどきドラマや映画の収録に使われることがある。

昨日からMidsomer Murdersというドラマの収録が行われている。
なぜか、ドラマの舞台になるときはたいてい殺人事件がおおい。


今日は1階部分で主に撮影が行われていて、メインエントランスは閉鎖されていた。
けれども、ストレッチャーで入院の患者さんなんかはメインエントランスを使わざるを得なくて、撮影の合間をぬって移送されてきた。
ちょうど、ディナーの場面のセットでスタッフや俳優さんも沢山居て移送されてきた患者さんもビックリ。

またほかの患者さんはレスパイトケア目的の入院(家族や介護者の休息のための入院)だったので、暇をもてあましていたので
「撮影現場のぞきに行かない?私も行きたいけど、一人じゃ行きづらいから。患者さんと一緒だったらきっと邪魔にされないと思うし!」とその患者さんを誘って私もちょっと撮影現場の見学へ・・・。

何度もリハーサルして、本番。ちょこっとずつ、ちょこっとずつ撮っていく大変な作業だなー・・・と思った。
俳優さんたち、見たことあるような、無いような顔ぶれだった。

その患者さん、撮影の様子が気に入ってしまって2時間近く熱心にみいっていた。
そばに居たTV局のスタッフの人も親切に患者さんの相手もしてくれていた。
患者さんが「まだ誰も殺されていないのよ。私はあの人が怪しいと思うんだけど。。。」なんていっていたら、
TV局のスタッフの人、撮影スケジュールをチェックしてくれて
「殺人は明日よ。」と教えてくれた。

撮影のために何台もの照明器具が持ち込まれていて、そのせいでホスピスの室内の温度が急上昇。暑くて息が苦しくなりそう。
そんな中で俳優さんたちは涼しい顔をして演技をしているからすごいなあと感心。

本番撮影中は病棟から出れないし、照明器具のケーブルがあちこちにあるのでちょっと不便。
でも患者さんや家族の方々は結構楽しんでいるようなのでいいかも?

以前ほかのドラマの撮影できた優しい俳優さんが暇な時間に病棟の患者さんを慰問してくれたことがある。
今回はどうかしら?!


そして、私も仕事が終わったから帰ろうと思ったら・・・。
撮影のために出口がすべて締め切られていた。
おかげで撮影セットのど真ん中を通る羽目に。
誰だか名前も知らない俳優さんたちの隣をとおってなんとか脱出。

明日も室内撮影だそう。そしていよいよ殺人事件が起こる!笑顔



追記(2007/06/25):

撮影の無いときは写真をとってもいいといわれたので、ほかのスタッフとともに記念撮影しました(笑)

ちょっとご紹介。

18aad3ce.jpg


ここはホスピスのレセプションエリア。
暖炉は本物で冬になると薪で暖をとります

a2972f41.jpg


両側にある鎧は撮影のために持ち込まれたもの。
「夜中動きそうでなんだかこわいのよね・・・」と患者さん(笑)


eec47d06.jpg


ホスピスのメインエントランス。
ここも撮影に使われていた。

48a2a958.jpg


立派に見えるけど、この銅像の建っているブロックの塀は実は撮影用に作られたもの。
結構建物にマッチしてステキだからこのまま残して欲しいよね~なんてみんなで言っていた。