最近、大学の課題の締め切りを9日後に控えて、またしてもぎりぎりになって切羽詰ってやっている
大学の課題を締め切りぎりぎりでやらない、余裕を持ってやる!と誓ったNew year resolutions は早くも崩れた・・・・。落ち込み

ようやく文章のほうも2500語を超えて終盤に差し掛かり、スーパーバイザーからは「いい方向に来ている、あと少し!」といわれゴールは見えかけてきたところ。


最近の仕事での出来事といえば・・・。
ある朝のこと。患者さんの体の向きを変えて、掛け物を整えていたら、ブランケットがベットの金具の隙間に引っかかっていた。
ぐいぐい引っ張ってみたものの、とれない。

しゃがんでおもいっきりえいえい!と引っ張ったら・・・・

とれた!

でもその勢いで私は後ろにころがり派手にしりもちついた・・・。
私のユニフォームはワンピース。
私のセクシーな(?!)両足は丸見え。

そんなとき、斜め後ろから「ブフッ!」と噴出した声が・・・。

同じ病室の患者さんがそんな私の姿を見て大笑い。笑い

この患者さん、ターミナルケア目的での入院でここ数日とても落ち込んでいて、目を閉じて外界からのコンタクトを遮断しているような感じだった。

そんな患者さんが笑ってる!

「いやだな~、パンツ見えなかったよね?!」といったらニコニコしてた。

ほかのスタッフからもこの様子を見て
「すごいわ、H i!あの患者さんをあんなふうに笑わすなんて!」とお褒めの言葉をいただいた。
その後もスタッフ間でこの様子は”身体をはって笑いをとった”として、うわさになり、「見たかったわ!」なんていわれる始末。

結構恥ずかしかったが、あの患者さんの笑顔を見れたということで、よしとしておこう・・・。