先日、大学で前のSemester(学期)でやっていたモジュールの試験結果が届いた。

結果は・・・・・まる

以外にもよかった。正直ビックリ。私のスーパーバイザーもビックリ。

そのモジュールは有効な疼痛管理のモジュールで、約3000英単語のエッセイのなかで痛みのメカニズムを自分の言葉で説明する部分も入れなくてはならず、ここで手間取っていた。

痛みのメカニズムを説明しろといわれても、英語以前に、解剖生理なんて十何年前にやったことか・・・・。そして日本語でいえても英単語が分からん・・・。

その部分を書くための文献を読むのに時間を費やしすぎて。
しかも私はいつも追い詰められないとできないタイプ。
そして徹夜をなんどかして一気に書く。

締め切り2週間前になってもエッセイが半分ほどしかかけていなかったので、スーパーバイザーはかなり心配していたらしい(と、後になって周りの人が教えてくれた・・・苦笑)

申し訳ない・・・。落ち込み

次のモジュールこそ、余裕を持って、締め切りぎりぎりにやらないぞ!と誓った。
(いつも、新しいモジュール始めるとき誓っている気が・・・・汗

今回の結果で嬉しかったのが英語に関するマーク。
英語のスペルミスやグラマーミスがチェックされる項目もあるのだが、前回の項目よりもこの項目のスコアがあがっていた!
これにもかなりビックリ☆

こうして自分ががんばったことが結果に出たり、いい評価がもらえると、次もがんばろうというエネルギーの素になる。

今週からまた新しいモジュール開始。がんばろう笑顔