英国看護師免許を取得する方法や、病院で実際に看護師として働いている方のコラムの掲載、日本人看護師同士の交流を目的にしているWebsite「Potential Nurse」の代表さんがコラムで「ONP施行後の看護師免許取得動向と矛盾点」について書かれています。

私もONPの現状、矛盾の多さには怒りとともにあきれてしまいます。
イギリスの看護師不足は解消されていないこと、それなのにイギリスで働きたいと思っている看護師たちがNMCからのレターが来ない、実習先が見つからない状況で動きも取れずに行き場を失ってこまっていること・・・。

私の個人的な考えですが、NMCのいい加減差は今に始まったわけではありません。NMCの前身であるUKCCのときから続いています。NMCに変わってからさらにひどくなっているといっても過言ではありません。
でも現在イギリス国内の医療現場は外国人スタッフの労働力なしでは回っていないと思います。この状況で現在働いている外国人看護師が国外へ流出していき、新しく免許を取りたいと思っている外国人看護師がNMCの対応の遅延、ONPの混乱に巻き込まれている状況が続けば、数年後にはイギリスの看護師不足はさらに加速すると思われます。
そのときがくるとまずは政府は莫大な費用を投じ、イギリス人看護師の養成にやっきになるでしょう。過去の状況をゥても、そんなことでは簡単に解消されるはずはないと私は思います。
そしてさらに看護師不足が加速したとき、ようやく再び外国からの看護師のリクルートを呼びかけるのではと思うのです。でも、その外国というのはおそらく英語圏か英語で教育を受けている国になるでしょうが・・・。
英語が母国語ではない日本人看護師にとっては不利な状況がこの先何年か続くのは間違いないと思われます。

これからイギリスの看護師免許取得の申請をしようとしている人には酷な話ですが、当分は様子を見るつもりで、申請は保留したほうがいいのではと思います。
現在の状況で申請しても、長期にわたり待たされることは避けられませんし、それにまつわる労力、費用、精神的ストレスはかなりのものとなります。
そしてONPが破綻した場合、更なる混乱に巻き込まれる可能性も避けられません。
万が一、ONPが落ち着いて軌道に乗ればそれはそれでよしとして、申請の手続きを開始したほうがいいのではと思います。
でもせめてあと2・3年はMNCの動きやONPの状況を見守り、それから申請を考えていったほうがよいのではと思います。

このように書いてしまうと「イギリスの看護師免許取得はむり」と聞こえてしまうかもしれませんが誤解しないでください。
英語が母国語ではない日本人看護師がNMCとはりあっていくのはかなりの労力・精神的なストレスが伴います。自分自身も悩まされました。そして多くの友人も悩まされ、現在も悩まされている人がたくさんいます。
そしてせっかく高い志を持ってイギリスに来て看護師になろうと思っている方々がNMCとのやり取りに疲れ果て、実習先を見つけるのに奔走して疲れ果て・・・あきらめてしまう状況もみてきました。本当に残念でなりません。これから申請を考えている方々にそんな思いをして欲しくないのです。

現在の混乱期に看護師免許申請のために動くよりも、これから数年、イギリスの医療現場の現状、NMCの動向を探りながら、英語の勉強や看護の経験を深めたり、ほかの国の動向をさぐたりという方向に力をいれ、その時(ONPが落ち着くのか、それともイギリスが再び大量の外国人看護師のリクルートに乗り出すか)に備えたほうがいいのではと私は思います。

あくまで私の個人的な意見なので「イギリスで働くいち看護師がこんなこと言っていたな」程度に思っていてください。

最後に、イギリスで働きたい外国人看護師がスムーズに免許取得できる日が来ることを心から願っています。


走る余談
NHSとプライベートではたらくコンサルタント(専門医)にこの状況をはなしてみたところ、彼はとても怒っていた。
現在の医療現場では外国人スタッフの力なしでは回っていかないことはもちろん、彼曰く「お茶ばっか飲んで、病欠しまくりの怠け者なイギリス人スタッフのカバーを誰がやっていると思っているんだ!炎
「NMCに文句の手紙を書いてやる!」とも言っていた・・・。
(この手の話題になると彼はノンストップで話し出すので外国人スタッフの力はよっぽどなんだなあと思う)
彼はイギリス人スタッフをはじめフィリピン、日本、ヨーロッパ系さまざまなバックグランドを持つ看護師たちと仕事をしてきたが、一番信用し安心して仕事が任せられるでのは外国人スタッフといっている。特に日本人看護師の勤勉さは評価してくれている。

免許を取って働いている人も、アダプテーショントレーニング中の人も、申請中の人も、申請を考えている人も、それぞれいろいろあるけど、みんな自信を持ってがんばりましょう!笑顔