英国ホスピスコラム


イギリスの病院でマクミラン緩和ケア専門看護師
(Macmillan Palliative Care Clinical Nurse Specialist)として働くナースのブログ

介護保険サービスが40~64歳の末期がん患者さんにも適応に・・・!?

イギリスではなく、日本の話題ですが・・・。

厚生労働省が自宅療養している40~64歳の末期がん患者に、06年度から介護保険サービスを利用できるようにするための検討に入ったと2月16日に報道された。
詳しくはこちらを
テレビ<末期がん>介護保険適用を検討 自宅療養の40~64歳に(毎日新聞)

ふと、日本で受け持った患者さんを思い出した。Aさんは40歳代の女性で悪性腫瘍だった。
Aさんの受持ちになったのは私が就職して2年目の秋だったか。それから半年、Aさんが亡くなるまで受け持った。

治癒のための治療は不可能と診断され、Aさんにも「残された時間は限られている」と伝えられていた。
そして彼女は家に帰ることを望み、私たちもそれにむけ準備をし、近医の往診、献身的な訪問看護のおかげで約2週間家ですごすことができた。

状態が悪化し、再入院してきたAさんを迎えた時、私は思わず涙が出た。
ここまで状態が悪化しても在宅ですごすことができた近医のDr、Nsのサポートに感謝の気持ちでいっぱいだった。そしてAさんとの別れが近いことが明らかだったこと。

Aさんが亡くなる1週間前だったか。夜勤で巡視に行くと、Aさんが起きていたので私は隣に座って話をした。そのときにAさんが
「少しだったけど家ですごすことができて嬉しかった」
と家での様子を話してくれた。

しかし、そのあと
「でも、もっと精神的にサポートが欲しかった・・・」
と言われてしまった。

これを聞いた時、申し訳なさでいっぱいだった。
私もまだ未熟だった。緩和ケアの知識も乏しかったし、病棟も緩和ケア病棟ではなく、内科病棟だった。
忙しい勤務の中で、それでも一生懸命、自分のベストを尽くしたつもりだった。

「Aさんを家で過ごさせてあげたい」
その一心でスタッフみんなで頑張ったつもりだった・・・。
でも、私たちは結局Aさんの気持ちにまでケアが行き届いていなかったのだ。

翌週、Aさんは永眠された。Aさんが亡くなってから数週間、私は無気力になってしまった。
受持ち患者さんをなくしてしまった哀しみ。私は役立たずではないかというむなしさ。
もう仕事を辞めたいと思ったこともあった。
でも、時がたつにつれて徐々に哀しみから立ち直っていった。

そしてあることを思い出した。Aさんが私にいってくれたこと。
「やりたいことがあったら、やっておいたほうがいいよ。私もまだやりたいことがあったけど、こんな病気になっちゃったし・・・」

当時の私はイギリスが好きでロンドンに観光でちょこっときていたが英語なんてほとんど話せなかった。
それでも1回海外で生活してみたいな、なんてぼんやり考えていた。

仕事を辞めてイギリスにいってみようか・・・と思い始めた。
もちろん、イギリス行きを決めたのはAさんのことがすべてではないが、きっかけの一つにはなったと思う。

その時はこっちで看護師になるなんて無理だろう、と思っていて、在宅介護のボランティアだったら今までの経験も生かせるし、と1年イギリスに滞在したら日本に帰るつもりだった。
まあ、その後、いろいろありまして、現在に至るのですが。


なんだか介護保険の話から脱線してしまったが・・・。
要介護認定のシステムの迅速化、在宅ターミナルケアのシステム確立などなど、問題は山積みだけど、
「介護保険サービスが40~64歳の末期がん患者さんにも適応になる」
というのはターミナルステージにある在宅を望む患者さんの少なからず支えになると思うし、在宅ターミナルケアの発展にもつながるのではと期待している。

不思議な出来事

今、私は仕事の合間に大学の緩和ケアのショートコースに行っている。
もともと私はアカデミックな人間ではない上に、英語もあやしく・・・・。もちろん、勉強できるのは嬉しいことだけど。
週1回とはいえ1日大学へ行くと、年老いた脳みそがフル活動してエネルギーを消費しているって感じで、帰ってくるととっても疲れる・・・・。
なので、今回は堅い話題はやめにして(笑)最近あった不思議な出来事についてのお話。

リアン(仮名)は8X歳の女性で転移性の乳癌だった。リアンはとてもにこやかで、お茶目でかわいらしい人だった。
「あらダーリン、今日も夜勤?大変ね。」「あと2晩夜勤したらお休みよ、頑張って」
「おとなしく寝て、あなた達に迷惑かけないようにするからね」
なんて冗談っぽくいったりして。

症状コントロール目的で入院してきたリアンだったが、症状のコントロールがついてきたころには家に帰るのは少し無理があるから、とナーシングホームを探しているうちに状態が悪化し、ターミナルケア目的でホスピスで最後を迎えることになってしまった。

リアンはSyringe Driverで症状コントロールし苦痛のない状態で、意識レベルも低下し、このまま眠るように息をひきとりそうだった。

朝になり、日勤スタッフもやってきて、申し送りをしていたその時。
廊下のライトが突然パカパカと数回点滅し、いつも空けっぱなしになっている病棟の入り口のドアが誰も触れていないのに閉まった・・・。

奇妙な現象にみんな不思議がっていが、私ともう一人の夜勤スタッフの頭に浮かんだのはリアンのこと。慌てて部屋に行くとリアンはちゃんと息をしていた。
私たちの気にし過ぎだったのかな?といってリアンにサヨナラをいって私たち夜勤スタッフはその日の勤務を終えて、帰った。

そしてこの10分後、リアンは日勤スタッフに見守られて息を引き取った。
もしかしたらリアンは私たち夜勤スタッフが帰る前にもう一度会いたかったから、「まだ帰らないで」ってドアを閉めたのかもね、なんて考えたり・・・・。


もう一つは私の働いていた隣の病棟でおこった話。
ターミナルケア目的入院のニーナ(仮名)という患者さんがいた。家族は事情があって付き添っていられなかったが、「なにか変わったことがあったら電話で知らせて欲しい」とスタッフにお願いしていたそうだ。

夜中の1時か2時ごろだったか、電話が鳴った。ニーナの家族からで
「たった今、電話が1・2回鳴ってホスピスの番号がディスプレイにでたのだけど、電話しましたか?母に何かあったのかと思って・・・」といわれたらしい。

同僚の看護師のへレンはちょうど10分ほど前にニーナの様子を見にいっていて、状態は悪いものの特に変わりはなかったし、電話もしていない。もちろん、他のスタッフもしていない。

ヘレンは家族に10分前に様子を見にいったときは変わりなかったが、ちょっとみてくるといって電話をおいてニーナのところへいったら、なんとニーナは既に息を引き取っていたそうだ。


非現実的な話だけれど、”魂”やこういった不思議なことを起こす”人の思い”って存在するのかもしれない。きっとみなさんもこんな経験あるのではないでしょうか?


キラキラおしらせキラキラ
エキブロメディカルの病院ベッドサイド・ストーリー集にトラックバックさせていただきました。

☆☆☆☆☆[求む 病院ベッドサイド・ストーリー]☆☆☆☆☆☆

病院ベッドサイド・ストーリー集、作りませんか
とっておきの話。日々の小さな話。悩んだ話。読んだり訊いたりした伝えたい話。あなたの体験をもとにした話。すこしでも多くのひとの目にふれますように。
エキブロ・メディカル http://exhospital.exblog.jp/ まで

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Shortfall of Diamorphine

年末にTVや新聞などのニュースで目にした人もいると思うが、現在イギリスでDiamorphineの供給不足が懸念されている。
イギリス内のDiamorphineの供給の約70%を占める主要会社が供給を中断するためである。

詳しくは下記のニュースを参考に・・・
テレビMedical News Today : Diamorphine supplier liases with UK Dept of Health to sort out shortage
テレビBBC NEWS : NHS painkiller shortage warning
テレビDepartment of Health : Guidance on use and supply of diamorphine

Diamorphineは緩和ケア、ICU、A&Eなどで鎮痛に用いられる麻薬。特に緩和ケアにおいては使用頻度は高い。Diamorphineは水溶性が高いので、少量の溶液で投与することが可能なためである。
内服が困難な場合などで、Syringe Driverと呼ばれる持続皮下注射の機械で投与するときに、よく選択される麻薬でもある。Syringe Driverは日本の文庫本ほどの大きさの機械で、10MLまたは20MLの注射器に薬品を詰めてセットし、翼状針を上腕、大腿、胸部などの皮下に挿入し、持続皮下投与を行うことができる。

このニュース以来、私の働くホスピスも変化があった。Diamorphineではなく、OxyNorm(Oxycodone)が使われるようになった。Oxycodoneは効果も副作用もモルヒネと似ている。大きな違いはDiamorphineは少量の注射用水などで溶解して大量のDiamorphineが投与できるのに対し、OxyNormは1ml中10mgのOxycodoneが含まれているため、Syringe Driverで少量のOxyNormを投与するときはいいが、大量に投与しなければならない場合、問題が出てくる。

例えば患者さんの痛みが強く大量の麻薬をSyringe Driverで投与したい時。24時間に200mgのDiamorphineをSyringe Driverで投与したい時、他の薬品を加えても10mlの注射器に薬品を詰めてSyringe Driverにセットすることは可能。しかし、OxyNormの場合、24時間に200mgとなると容量は20mlにもなり、他の薬品を加えて投与したい場合、とても20mlの注射器には詰めきれない。Syringe Driverを2台使用するか、半量をセットして12時間毎に詰め替えていくことになる。(たいていは24時間毎に詰め替えている)

また薬品を準備するとき200mgのOxyNormを使うとなると20アンプルも必要になり、アンプルカットするのも手間がかかることになる。(OxyNormは1アンプル中10mg。Diamorphineは5,10,30,100,500mgのアンプルがある)

早く十分なDiamorphineの供給がされることを願うばかりだが、なによりも患者さんがこのために苦痛を受けることのないことが最も重要。

参考Website : NetDoctor.co.uk
注射Diamorphine
注射OxyNorm

最後のNew Year

昨日は2005年初仕事だった。同僚の夜勤スタッフがとても興味深い話を教えてくれた。

ベン(仮名)は60代の男性で年末にターミナルケア目的で入院してきた。転移性の大腸癌と診断されたのはなんと2004年11月。急激な体重減少と体調不良で本人もなにかシリアスな病気なのでは・・・と考えてはいたらしい。
ベンは食欲もなく、吐気もするので食事はほとんどとれず、水分をとるのがやっとというかんじだった。

大晦日の夜、ベンは夜勤スタッフに
「12時になる前におこして欲しい。自分にとってこれが最後のNew Yearになるから・・・」
とお願いしたそうだ。
そして約束通り12時前に夜勤スタッフはベンを起こし、New Yearを知らせる鐘が聞こえるように窓をあけ、シャンパンでみんなで乾杯したそうだ。ベンも少しだけだったがシャンパンを嬉しそうに飲んだらしい。
ベンは「ありがとう。」といって微笑み、そして眠りについたそうだ。

「最後のNew Year」と言ったベンの心の中はきっとたくさんの思いを抱えていたに違いない・・・・。

ちょっと一息、ベルギーへ。

11月上旬にAnnual leaveを2日とったので普段のお休み7日とあわせて9日間の休みが出来たので、どこかへ行こうと思いつつ、いろいろと忙しかったのでなかなか決まらず・・・。
結局Lastminute.comで直前に予約してベルギーへ行ってきました。

ユーロスターで行ったのだが、スタンダートクラスで予約したと思っていたら、ファーストクラスだったのでちょっとリッチに旅が出来きました。食事もけっこう美味しくてワインも頂いた。
ユーロスターだと飛行機のような面倒な搭乗手続きもないし、駅はまでのアクセスも簡単で、チェックインは45分前からなので時間的にも楽なので気に入ってます。

ab248eee.jpg
ここはブリュッセルの中心部、Grand Place。市庁舎、王の家、ギルドハウスがこの広場を取り囲んでいます。とても素敵な広場でイベントや観光客でにぎわってました。

そして有名なブリュッセルの最長老市民である”小便小僧”もみてきました。ものすごい観光客で写真をとるのも一苦労・・・・。


afdace64.jpg
こちらはアントワープのノートルダム大聖堂の中。
「フランダースの犬」の舞台になったところです。クリスマスイブの夜、疲れ果てたネロがここへやってきて、夢にまで見たルーベンスの絵を見てパトラッシュとともに亡くなってしまうところです。
私は小さな時、この物語が大好きだったせいもあってここに飾られているルーベンスの「マリア被昇天」「キリストの昇架」「キリストの降架」をみてとても感動した。
「フランダースの犬」が好きだった人にはぜひ訪れて欲しい場所。


3c4264bf.jpg
こちらはブルージュ。鐘楼からの眺め。366段ある階段はけっこう細くて登るのはきつかった。もう歳なのか・・・(苦笑)
”天井のない美術館”とも”博物館”ともいわれている街。友達のお勧めで行ってきたが、本当にかわいくて素敵な街だった。日帰りでここに着たのがもったいないくらいで、(おまけに雨も降り出すし・・・)もっと長くいたかった。

ベルギーは美味しいものがいっぱいで嬉しかった。ボールいっぱいのムール貝、ビール、ワッフル、チョコレート。
ビールを注文するとフラスコのような形のグラスに入って運ばれてきた。ウエイターさんが「ゆっくり飲みなさいね、ゆっくり」と私に言っていったのだが、私は別にお酒に弱いわけでもないのになあ・・・・なんて思いながら飲んでいた。すると、隣のテーブルのおじいちゃんが同じ形のグラスに入ったビールをいきよいよく飲もうとして、グラスから飛び出してきたビールをおもいっきりかぶっていた。だからゆっくり飲めということだったのか・・・。
チョコレートは大好きなので結構買ってきたのに、もうほとんど食べてしまった。体重が気になるこの頃です。


キラキラおしらせキラキラ
・リンクにお友達の茂森勇さんのホームページ:旅の最中を追加させていただきました。ぜひごらんください。
・ブログペットのウサギ:りりぃをつけてみました。りりぃをクリックすると私のブログを読んで覚えて言葉をしゃべります。
livedoor プロフィール
Hi へのメール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ