英国ホスピスコラム


イギリスの病院でマクミラン緩和ケア専門看護師
(Macmillan Palliative Care Clinical Nurse Specialist)として働くナースのブログ

Coordinate My Care (コーディネイト・マイ・ケア)

Coordinate My Care(CMC)とは2009年に打ち出されたNational End of Life Care Programmeのプログラムのひとつです。

簡単に言うと、CMCはロンドンの終末期の患者さんの情報を共有するデーターベースです。
まだ完全にロンドン全域をカバーしていませんが、来年初旬にはロンドン全域がこのCMCを使い始める予定です。

家庭医(GP)、時間外サービス、訪問看護師、ロンドンの救急サービス(救急車)、在宅緩和ケアチーム、病院緩和ケアチーム、ホスピスのスタッフがアクセスすることができ、必要な情報を共有、また得ることができます。

入力される情報は、患者さんの氏名、患者さんのGP・訪問看護師・在宅緩和ケアチーム・ホスピスの連絡先、病名、予後、時間外の対応(病院へ転送すべきか、在宅で症状コントロールを図るべきか)、心肺蘇生をすべきか、現在使用している麻薬、家においてある緊急時の注射薬品、患者さんの死を迎えたい場所、などです。


たとえば・・・・
Aさんという肺癌末期の患者さんが家で亡くなりたいということで、在宅ターミナルケアの手配をして病院から退院したとします。
夜間、急激に状態が悪くなり、どうしていいかわからない家族は救急車を呼びました。

駆けつけた救急隊は、本部に患者さんがCMCに登録されているかどうかを問い合わせました。
患者さんはCMCに登録されており、在宅死を望んでいること、在宅緩和ケアチームが関わっていること、緊急時用の注射薬品(モルヒネ、ミダゾラムなど)も家にあることがわかりました。
そのため、緊急時用の薬品で症状をコントロールすることができ、救急隊は患者さんを病院に搬送することなく、家で最期を迎えることができました。

しかし、患者さんがCMCに要録されていなかった場合・・・
救急隊は詳しい状況がつかめず、とにかく状態の悪い患者さんを搬送すべきと判断、患者さんは病院に搬送され、患者さんの状態を把握していない救急外来のスタッフは蘇生を開始、最悪の場合患者さんは病院で亡くなってしまう・・・なんてことにもなってしまいます。


このCMCが正しく機能することにより、病院と在宅との連携も強まり、終末期の患者さんのケアの質の向上につながるのではと期待しています。


詳しくはこちらをご覧ください

Coordinate My Care


br_banner_ochiba2

The World's Biggest Coffee Morning

9月28日にイギリス全土でMacmillan Cancer Supportの資金調達のためのイベント「The World's Biggest Coffee Morning」が行われます。

このパーティを開くのもボランティアです。そしてケーキや飲み物の寄付を募ります。
そしてパーティーの売り上げがMacmillan Cancer Supportへの寄付になります。
2011年のCoffee Mornigイベントでは10ミリオンポンド(約12億円)もの売り上げがありました。

一つ一つのイベントの収益は大きなものではありませんが、イギリス全土で大々的に取り組むことにより、多額な寄付へとつながり、またMacmillanへの理解も深まるのではないでしょうか。

私の働く病院でもこのCoffee Morningをやります。私もケーキを焼いていく予定です。(うまくできたら・・・笑)
今回のCoffee MorningをオーガナイズしているMacmillan Nurseによると、当日有名人もやってくるとか?!

the World's Biggest Coffee Morning




ちなみに、Macmillan Cancer Supportとはがんの患者さんまたはその家族をサポートするチャリティ団体で、マクミランナース(がんや緩和ケアの専門看護師)はこのMacmillan Cancer Supportの資金援助によってそのポストがつくられました。
私の仕事、Macmillan Palliative Care Clinical Nurse SpecialistもこのMacmillan Cancer Supportによって資金提供を受けて作られたポストです。

Macmillan Cancer Supportはマクミランナースだけでなく、GP、ダイエティシャン、作業療法士、理学療法士などのポストの資金援助、患者さんのファイナンシャルサポート、ビリー部面とサポート、がん全般の電話相談、病院・街中でのインフォメーションセンター、医療有事者の教育支援など、さまざまな活動をしています。


皆さんも、このCoffee Morningのイベントを見かけたらぜひケーキ&お茶を楽しんでくださいね♪



br_banner_ochiba2

お久しぶり。

半年振りのブログ更新です。

相変わらず仕事が忙しくて、くたくたになって家に帰ると何もしたくない日々が続いていまして・・・。
あっというまに、Macmillan Palliative Care Clinical Nurse Specialistになって2年以上たちました。

ブログも書きたいことがあっても、疲れているからなのか文章を書くという作業がなかなか進まず。

ブログを閉めようかとも思ったのですが、更新していないにもかかわらずGoogleなどで’緩和ケア’や’マクミランナース’’ホスピス’を検索して訪問してくれる方々が結構いるようなので、そのままにしていました。

メールなどでも問い合わせも頂きますし、イギリスのホスピスや緩和ケアに関心を持ってくださる方々がいらっしゃることは、私も嬉しく思います。

できる範囲で少しずつですがブログを更新して行こうと思いますので、相変わらずの不定期更新ですが、今後ともよろしくお願いします。


あれから1年


東日本大震災から1年がたちました。

尊い命をなくされた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

そしていまだに不自由な生活を強いられている方々が一日も早く日常を取り戻せますように。


3月1日にイギリスのBBCで「Japan's children of the tsunami」というドキュメンタリーが放送されました。
FaceBookやツイッターにシェアしましたが、多くの方に見ていただけたらと思い、このブログでも紹介させてください。

Assisted suicide

イギリスではAssisted Suicide(自殺幇助)の議論がニュースで取り上げられています。

Assisted suicide: 'Strong case for legalisation' (BBCより)



現在のイングランド、ウエールズの法律ではAssisted suicideは違法です。
自殺幇助をした場合、最大で14年の実刑が科せられます。
しかしながら、スイスでは自殺幇助が合法なので、イギリス人の中にはスイスへ行き自らの命を終える人もいます。


イギリスでのAssisted Suicideの現状はこちらを参考までに・・・
Q&A: Assisted suicide (BBCより)


このブログでの過去記事より
2006年5月16日 Euthanasia? suicide? for Terminal ill patients : 末期患者のための安楽死?自殺?





0c0b5a7f.gif
livedoor プロフィール
Hi へのメール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ